外海巡礼コース~一覧表~

いつも光日光タクシーをご利用いただきありがとうございます。

世界遺産候補になっている長崎市外海区。

嵐の二宮君主演「母と暮らせば」の舞台にもなりましたね。

今回はそんな外海区の魅力を知って頂きたく、

光日光タクシーおすすめ

外海巡礼コースの魅力をお伝えしちゃいます★

 

まずは「外海巡礼コース」3時間コースの内容です。

普通車 (4人)16,000円

大型車(4人) 22,400円

ジャンボ(9人)24,700円

 

長崎市内出発

黒崎カトリック教会

★遠藤周作文学館

出津教会

ド・ロ神父記念館

又、光日光オリジナルコース

遠藤周作とキリスト教遺産コース

では、1時間追加で上記以外にも

外海歴史民族史料館、

沈黙の碑

も観光できます。

さて、それぞれ気になる場所の文字をクリックして、

実際に足をお運びください!

 

 

マジェスタ・エルグランド・ジャンボ・ジャパンタクシー各種車種取り扱いあります。

お客様の笑顔のために今日も走ります。
光日光タクシーグループ(スマホ携帯無料充電サービスあり)
今すぐ予約
↓↓↓

今すぐ予約ボタン

 

 

 

 

Tel  095-843-8818
HP http://www.hikaritaxi.co.jp/index.php
□随時更新中□
FB https://www.facebook.com/hikaritaxi/
Twitter @hikaritaxi4178

 

外海巡礼コース~ド・ロ神父記念館~

光日光タクシーがお届けする

★外海巡礼コース★

~ド・ロ神父記念館~

出津文化村の中にある、ド・ロ神父記念館があります。

入口にて、入場料をお支払い頂きます。

一般300円 小・中高生100円になっています。

ここで、ド・ロ神父のご紹介です。

1879年、外海地方の主任司祭として赴任してきたフランス人宣教師マルコ・マリ・ド・ロ神父は、1868年日本に来日以降一度も本国フランスに戻らず、深い人類愛の精神もって、外海の人々の魂と肉体の救いのため生涯を捧げた方です。

ド・ロ神父は、施設建設や事業のために私財を惜しみなく投じ、フランスで身につけた農業・印刷・医療・土木・建築・工業・養蚕業などの広範な分野に渡る技術を外海の人々に教え、「ド・ロさま」と呼ばれ親しまれ、外海地区の住民たちに伝えた製麺技術は「ド・ロ様そうめん」として現在に至るまで愛用されています。

また、修道女や女性たちの自立を支援し、女性たちの生活が成り立つようにしいました。

記念館には、ド・ロ神父直筆の家計簿があり、その当時の暮らしがわかるようになっています。

縁もゆかりもない、28歳の一人のフランスの青年が、46年間も特に外海地区の人達のために尽くして下さった偉業は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」としても、非常にふさわしいですね。

 

外海歴史民族資料館(遠藤周作とキリスト教遺産コース)
今すぐ外海巡礼コースをすぐに申込たい方は下記より

↓↓↓

今すぐ予約ボタン

 

 

 

 

お客様の笑顔のために今日も走ります。
光日光タクシーグループ(スマホ携帯無料充電サービスあり)

Tel  095-843-8818
HP http://www.hikaritaxi.co.jp/index.php
□随時更新中□
FB https://www.facebook.com/hikaritaxi/
Twitter @hikaritaxi4178

外海巡礼コース~出津教会~

光日光タクシーがお届けする

★外海巡礼コース★

出津教会(しつきょうかい)

こちらは、なんと世界遺産候補になっています。

教会堂の見学の際は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーション」に事前連絡が必要となっています。

かつて外海一帯には多くのキリスト信者がいましたが、
江戸幕府の禁教政策により、大村藩は厳しく取り締まりがありました。
しかし、外海は大村城下から遠く、また出津(しつ)や黒崎などは比較的寛容な佐賀藩の飛び地も混じり、
多くの潜伏キリシタンが存在したといわれる場所です。

1879年にド・ロ神父が出津に赴任し、信者と力をあわせ1882年に出津教会を完成させ、
強い海風に耐えられるように屋根を低くした木造平屋で、漆喰(しっくい)の白い外壁となっています。
外国人神父の設計による初期教会として、2011年に国の重要文化財に指定されています。
2012年には「長崎市外海の石積集落景観」として国の重要文化的景観に選定されています。

 

2017年にキスマイエキスプレスがあった際、キスマイの二階堂高嗣さんが、この出津教会を背景に撮影した写真が話題となり、多くのファンが訪れたところです。キスマイ二階堂さんと同じ場所で撮影したい方は、裏側に回ってくださいね。

裏側にははド・ロ神父とそのお弟子さんの中村翁像があります。

今すぐ外海巡礼コースをすぐに申込たい方は下記より

↓↓↓

今すぐ予約ボタン

 

 

 

 

お客様の笑顔のために今日も走ります。
光日光タクシーグループ(スマホ携帯無料充電サービスあり)

Tel  095-843-8818
HP http://www.hikaritaxi.co.jp/index.php
□随時更新中□
FB https://www.facebook.com/hikaritaxi/
Twitter @hikaritaxi4178

 

 

外海巡礼コース~遠藤周作文学館~

光日光タクシーがお届けする

★外海巡礼コース★

遠藤周作文学館

遠藤周作は東京都出身の作家で、作風はキリスト教、特に17世紀の日本の史実・歴史文書についての作品を多く手がけています。

長崎は江戸時代初期に行われた「キリシタン弾圧」の歴史を持つ町で、この長崎市外海区こそキリシタン弾圧により多くの方が亡くなりました。

この外海が出てくる作品は「沈黙」

第2回谷崎潤一郎賞に輝いた後、世界13ヶ国語に翻訳されグレアム・グリーンをして「遠藤は20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と言わしめたのを始め、戦後日本文学の代表作として高く評価されています。

1971年に篠田正浩監督に、2016年マーティン・スコッション監督により映画化されました。

外海区は美しい海に囲まれ、海に涼む夕陽を見に多くの方が訪れます。

私自信、「沈黙」の作品は中学時代の読書感想課題本として学校から渡され、読んだ記憶がありますが、毎回読む度にとらえ方や感想が違う名作です。

ロドリゴ神父とキチジローに自分を重ねて読んでしまう、そんな作品が完成するにあたり、遠藤周作の直筆の原稿など、数多くの資料が展示されています。

ぜひ、作品に触れてみてください。

今すぐ外海巡礼コースをすぐに申込たい方は下記より

↓↓↓

今すぐ予約ボタン

 

 

 

 

お客様の笑顔のために今日も走ります。
光日光タクシーグループ(スマホ携帯無料充電サービスあり)

Tel  095-843-8818
HP http://www.hikaritaxi.co.jp/index.php
□随時更新中□
FB https://www.facebook.com/hikaritaxi/
Twitter @hikaritaxi4178

 

外海巡礼コース~黒崎カトリック教会~

光日光タクシーがお届けする

★外海巡礼コース★

黒崎カトリック教会

1897年にフランス人宣教師「ド・ロ神父」の指導で敷地が造成され、1899年から建設計画が進行、1920年に完成した教会です。
遠藤周作の小説『沈黙』の舞台ともなった黒崎の地に建つ教会でもあり、
最近では映画「母と暮らせば」の舞台であり、吉永小百合さんと二宮和也さんが、また、キスマイの二階堂 高嗣君が訪れ、多くのファンが足を運んで頂きました。
聖堂は信徒が奉仕と犠牲の結晶として一つひとつ積み上げたレンガで造られています。
煉瓦造、平屋、桟瓦葺(さんかわらぶき)の簡素な構成が煉瓦の美しさです。
内部もステンドグラスが素敵な場所なのでぜひ教会の中まで足を運んでください。
長崎は多く隠れキリシタンの悲しい歴史があります。
黒崎教会に付属する鐘楼は隠れキリシタンの帰依を願って設置されたものです。
教会に入ると、宗教関係無く、平和の祈りをささげたくなるそんな場所です。

★光日光タクシーからのお願い★

黒崎教会は住民に愛される祈りの場所ですので、

見学の際は教会のマナーを守って、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけをお願い致します。

 

今すぐ外海巡礼コースをすぐに申込たい方は下記より

↓↓↓

今すぐ予約ボタン

 

 

 

 

 

お客様の笑顔のために今日も走ります。
光日光タクシーグループ(スマホ携帯無料充電サービスあり)

Tel  095-843-8818
HP http://www.hikaritaxi.co.jp/index.php
□随時更新中□
FB https://www.facebook.com/hikaritaxi/
Twitter @hikaritaxi4178